社長あいさつ

代表取締役 陳 賢徳
代表取締役 陳 賢徳
   当社の理念は公正・公明・公平です。今、世界的にSDGsが叫ばれていますが、その目指すべき最も重要な課題は、「貧困」の解消です。その為SDGs の17課題のうち最初に掲げられています。「貧困」は、公正・公明・公平のバランスを無視した極端に富める者が産み出す社会的産物です。「貧困」は「学歴」の格差を生み出します。そして「無学」が「貧困」を再生産します。企業の社会的ネットワークが「貧困」の解消を目指し、すべての人間が教育を受けることが可能になれば、「教育」は「知恵」を生み出し、人をそして社会を豊かにすることができます。企業の繁栄は社会の豊かさの中でしか実現できません。当社のすべての出発点はここにあります。
   公に照らして正しく、公に照らして明らかであれば、公に照らして平等な社会が実現できるはずです。この理念こそ混迷する世界にあって、当社が歩むべき道標(みちしるべ)であると考えます。